仮性包茎以上、真性包茎以下の状態。カントン包茎

カントン包茎は普段は亀頭が完全に皮に覆われている状態となっていて、この点では真性包茎と同じです。

真性包茎と異なるのは、皮をむこうとするとすると痛みが伴う場合が多いものの、ある程度亀頭を露出することができるということです。
ただしやはり包皮口が小さいために、完全に皮をむこうとすると無理が生じます。

完全に亀頭を露出した場合亀頭が強烈に締め付けられて強い痛みが生じるうえに、皮を戻そうと思っても亀頭の裏で引っかかってしまって元に戻らなくなってしまう場合があります。
こうなると最悪の場合亀頭部分が壊死してしまう危険がありますので、緊急に手術をする必要があります。

カントン包茎が不都合さを感じる場合のひとつに、性行時があげられます。
カントン包茎も普段は亀頭が皮に覆われていますから、刺激に対してとても敏感になっていて早漏の原因となります。

また彼女との性行為の最中に意図しないままに皮がめくれてしまい、激痛が走ると同時に皮が元に戻らなくなることもあるなど性行時にとても窮屈な思いをすることがあります。
また普段は亀頭を皮がすっぽりと覆っていますから恥垢が溜まりやすく雑菌の温床となり、悪臭や炎症、さらには性病にかかりやすいといった不都合もあります。

このようにカントン包茎はあらゆる面において危険でやっかいな包茎ですから、泌尿器科での治療には保険が適用されます。
自分がカントン包茎だと思われる人は、放置せず1日も早く治療することをおすすめします。