包茎の中でも軽度な包茎。仮性包茎

仮性包茎は真性包茎やカントン包茎と比べると、自分で簡単に痛みを伴わず皮をめくれることから軽度の包茎といえます。
そのため必ずしも病院で治療を受ける必要はなく、自分で日常的に皮をめくる癖をつけることである程度矯正することができます。
日本人の多くは程度の差はありますが、仮性包茎であるともいわれています。

仮性包茎も包茎の一種には変わりありませんから、亀頭が皮に覆われていると恥垢が溜まりやすくなります。
不衛生にしていると他の包茎と同様に悪臭や炎症を引き起こすことにもなり、性病にもかかりやすいとされていますから注意が必要です。

入浴時に皮をめくっていわゆるむき癖をつけると同時に亀頭をきれいに洗い流すように心掛けることが大切です。
公衆浴場など人前で全裸になる機会があると、包茎であることが見られますから恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。

また普段は亀頭が皮に覆われていることが多いことから、性的な刺激に敏感で早漏になりやすい傾向があります。
性行時に彼女に包茎であることが知られることに対して、コンプレックスを感じる人も多いのではないでしょうか。
やはり他の包茎と同じように性行時に不都合を感じることは多いはずです。

仮性包茎は他の包茎とは異なり、泌尿器科での治療であっても保険は適用されません。
確かに窮屈な思いをしますが、真性包茎や仮性包茎ほどの深刻さはありませんので過度に気にする必要はありませんが、気になるようでしたら手術を受けて余分な皮を切除されてはいかがでしょうか。