包茎の中でも最も深刻な状態である包茎。真性包茎

包茎にも種類がありますが、真性包茎は亀頭が完全に包皮に包まれている状態のもので、最も深刻な状態といえるでしょう。
普段の生活においてもさまざまな不都合があり、悩んでいる人が多くいます。

まず亀頭が常に包皮に覆われているため、恥垢が溜まり不衛生になってしまいます。
包皮がめくれない状況は雑菌が繁殖しやすくなり、炎症を起こしたり悪臭の原因となり、さらには性病にかかりやすいというリスクもあります。

仮性包茎やカントン包茎にもいえることですが、包茎は早漏になりやすいというデメリットもあります。
これは普段亀頭部分が露出していないためにちょっとした刺激にも敏感になっていて、性行時に挿入すると上下の刺激に過敏となりすぐに射精してしまうことによります。

真性包茎の場合は勃起しても亀頭がほとんど露出しませんから、皮を被った形状での性行に対しパートナーの女性が十分に満足できないという窮屈さもあります。
そもそも性行に際して真性包茎であることで、女性に対してコンプレックスを感じてしまいがちです。
このように包茎であることが原因で、お互いが満足のできる性行為ができないという不都合があるのです。

また勃起した時に亀頭がまったく露出しない重度の真性包茎の場合は、性行時に精子が十分に膣内に行き届かず不妊の原因になります。
このように真性包茎は放置しておくと何もいいことはありません。
自分で無理に矯正することは危険ですので、早めに病院で包茎治療を受けることをおすすめします。