1度の通院だけで完治も可能

美容クリニックでの包茎手術はカウンセリングも含めて日帰りで終了します。
包茎手術の流れとしては、まずあらかじめ予約をしておいて当日医師とのカウンセリングを行い、その後手術を受けることになります。
手術前日の夕食やアルコールは控えるよう指示される場合がありますから注意しておきましょう。

カウンセリングでは手術の方法や流れに関する説明を受け、費用面なども考慮して最適な手術方法を選択する運びとなります。
ほとんどの美容クリニックでは複数の手術方法が用意されていて、患者さんと相談して決めることになります。
手術への不安などに親身になって相談に乗ってくれますから、納得してから手術を受けるようにしましょう。

その後手術を受けることになりますが、手術自体は約1時間程度と短時間で終了します。
麻酔は冷却スプレーを用いる表面麻酔と、実際に手術を行う部分に注射針を用いて注入する局所麻酔の2つにより行われるのが主流です。
その後余分な皮を切除していくことになりますが、これにも環状切開、亀頭直下埋没法などクリニックよってさまざまな方法があります。

手術後ペニスには包帯が巻かれますが先の部分には巻きませんから排尿は問題なくできます。
手術の終了後1時間程度はクリニックで様子を見て異常がないことを確認して帰宅します。
約2週間後に抜糸をするため再度クリニックを訪れる必要がありますが、吸収性の糸を使って縫合している場合は自然に溶けるので抜糸の必要はありません。

手術後1〜2週間は亀頭部分が非常に敏感な状態となっていて衣類に擦れると痛みが伴いますので、激しい運動などは禁物です。
また性行為を行うなど通常の生活に戻るには約1か月程度かかります。